放課後TechTime

単なる個人の備忘録です。

Envoy - Getting Started

Envoy とは

  • Envoy is an L7 proxy and communication bus designed for large modern service oriented architectures.
  • Envoy is an open source edge and service proxy, designed for cloud-native applications.
  • The network should be transparent to applications. When network and application problems do occur it should be easy to determine the source of the problem.
  • All of the Envoys form a transparent communication mesh in which each application sends and receives messages to and from localhost and is unaware of the network topology.

参考サイト:

続きを読む

Go言語とGRPC関連の情報ソース

リンク一覧

Go言語とGRPD関連の公式サイト、最新情報の取得などなど。

Go言語

GRPC

Electron のビルド環境構築からビルド実行までの手順

概要

ドキュメントを見ながら Electron のビルド環境構築からビルドの実行までをやってみたもの。

  • Electron でアプリを作る手順ではなくて、Electron そのもの(つまり electron.exe)をビルドする方法をまとめた。
  • 注意:Electron のビルドは Chromium もビルドすることになるので、初回ビルドは非常に時間がかかる。8 コアのサーバーで 10~12時間かかった。

環境

Azure 上にビルド用のVMを構築。

  • Windows Server 2019 (英語版)
  • Standard D8s_v4 (8 vcpus, 32 GiB memory)
  • Disk : 128GB
続きを読む

squid での認証プロキシの構成

概要

  • Basic 認証の Proxy Server を squid で立てる手順のまとめ
    • ただし、あくまでテスト用途の設定
  • 環境

squid のインストールと設定 (認証無しの構成)

最初は認証無しの構成で squid をインストール。

sudo apt install squid

sudo mv /etc/squid/squid.conf /etc/squid/squid.conf.bak
sudo vi /etc/squid/squid.conf
続きを読む

暗号技術のまとめ・メモ

暗号技術の基礎知識。主に暗号技術入門 第3版と各種 Webサイトの内容をまとめたもの。 ※一部未記載個所あり。

共通鍵暗号・対象暗号

概要
  • 暗号と復号に同じ鍵を用いる
  • 送信者と受信者は同じ鍵を共有する
  • 鍵をどう配送するかという鍵配送問題がある
主な共通鍵暗号
  • DES
    • 1977年に米国で採用された暗号方式
    • 平文を64ビット単位で暗号化するブロック暗号
    • 鍵長は56ビット
    • 現在では短時間で解読可能なため使用すべきではない
  • トリプルDES (3DES)
    • DES に代わる暗号として開発
    • DES を三段重ねにする
    • 鍵長は 56ビット x 3 = 168ビット (実質的には112ビット安全性)
    • 現在でもつかわれているが、2018年に NIST は「2023年以降は3DESを使わないよう」提案した
    • 3DESの詳細はここを参照:
  • AES (Advanced Encryption Standard)
    • NIST が DES に代わり米国の標準暗号として公募したもの
    • AES として採用された暗号化アルゴリズムとしては Rijndael(ラインダール)
    • 鍵長は 128、192、256ビットの3種類
    • ブロック長は128ビット固定
続きを読む

PostgreSQL チートシート(超基礎)

psql コマンドのインストール

sudo apt install postgresql-client-common postgresql-client

サーバーの起動~ログイン

Docker の場合

サーバーの起動

docker run -d --name postgres -p 5432:5432  \
   -e POSTGRES_USER=pgadmin\
   -e POSTGRES_PASSWORD=<password> \
   postgres:11
続きを読む

nginx チートシート

はじめに

  • 環境: Utuntu 18.04、Docker 19.03.5
  • 以下のディレクトリ構造を前提に記載
/work
├── certs
│   ├── server.crt
│   └── server.key
├── html
│   └── index.html
└── nginx.conf

HTTP サーバー

デフォルトの設定で起動する場合

docker run -d --name nginx -p 8080:80 nginx
続きを読む